読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XCTestを使ってみた

今までxcodeでtestを書いたことがなかったので、書いてみたいと思います。

xcode5から導入されたXCTestを使用してみます。

testって何とか、testって何で必要なのって方はこちらの記事が参考になります。 (予定がないのでiOSにおけるユニットテストについてまとめる その1

今回はprojectを作成するとデフォルトで生成されるtestファイルにtestを書いていきたいと思います。

まず、その前にtestの対象となるclassを実装しましょう。

今回はCalculation.swiftというclassを作って、その中に引数が偶数かどうかを判定するisEven()メソッドと2つの引数の和を返すsum()メソッドを実装しました。

import UIKit


class Calculation: NSObject {
    func isEven(dividedNumber: Int) -> Bool {
        if dividedNumber % 2 == 0 {
            return true
        } else {
            return false
        }
    }
    
    func sum(num1: Int, num2: Int) -> Int {
        return num1 + num2
    }
}

classを作れたら、testファイルがそのclassを参照できるようにShow the file inspectorのTarget Membershipのtestファイルのところにチェックを入れます f:id:icchii0618:20160104223543p:plain

続いてtestを実装して行きましょう。

今回はデフォルトの[project名]Testsファイルを利用します。 [project名]Testsの中のtestExample()にisEven()メソッドのtestを書いてみました。 さらに新しくtestを追加してみたりしました。

func testExample() {
    // This is an example of a functional test case.
    // Use XCTAssert and related functions to verify your tests produce the correct results.
        
    XCTAssertTrue(Calculation().isEven(2), "偶数だとtrueが返ってきます")
    XCTAssertTrue(Calculation().isEven(4), "偶数だとtrueが返ってきます")
}
    
func testSum() {
    XCTAssertEqual(Calculation().sum(1, num2: 1), 2, "num1とnum2の和が返ってきます")
}

testはcmd + u か下記の画像の様にShow the test navigatorから実行します。 f:id:icchii0618:20160104225050g:plain

testをコケさせてみます。

func testExample() {
    // This is an example of a functional test case.
    // Use XCTAssert and related functions to verify your tests produce the correct results.
        
    XCTAssertTrue(Calculation().isEven(2), "偶数だとtrueが返ってきます")
    XCTAssertTrue(Calculation().isEven(3), "偶数だとtrueが返ってきます")
}
    
func testSum() {
    XCTAssertEqual(Calculation().sum(1, num2: 1), 3, "num1とnum2の和が返ってきます")
}

3は偶数ではありませんし、1+1=3ではありません。

testがコケるとこんな感じでエラーが出ます。 f:id:icchii0618:20160104225242g:plain

testを意識しながらコードを書くと関数を良い感じに分けて書けると思いました。